星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

はくちょう座 網状星雲/北アメリカ星雲

先日行く秋を惜しんで、西に傾いていくはくちょう座を、これが今年の最後と思い、SIGMA135mmArtで狙いました

はくちょう座 網状星雲と北アメリカ星雲を撮影したのですが、処理がうまくいかずに諦めていました

本日もう一度、処理に挑戦してみましたが、少しはイメージに近づきました

でもやっぱり難しいですね

 

 

網状星雲全景

f:id:a_ichi05:20171127134621j:plain

 

今年は是非ともこの網状星雲をFSQでじっくり撮影したいと、夏前から待っていたのですが、極端な天候不順で、結局FSQの出番はありませんでした

やはり300㎜程度の焦点がないと迫力に欠けますね

それでも倍ほどにトリミングしてあるのですが、微光星に埋もれてしまう感じです

 

 

北アメリカ星雲・ペリカン星雲

f:id:a_ichi05:20171127141852j:plain

この領域で、この画角は結構楽しいですね(ノートリミング)

SIGMA135mmArtの性能が、発揮されるのではないでしょうか

北アメリカ大陸の右にペリカンの横顔が見てとれます(髭が生えているような?)

 

 


 

 もう12月は目の前

いよいよ寒くなってきますね

季節はこっそりと、知らず知らずに変わっていくもので、ふと気が付くと「もう冬か、、」って口に出しています

あの10月の、イラっとするような日差しが、今は懐かしくさえあります

紅葉は町まで下りてきて、季節風に吹かれ散る落葉に、一抹の寂しさを感じてしまいます

なんて哀愁に浸っていても始まりません

植物は、すでに来春を目指して内なる命を宿しているでしょう

太陽もあとひと月ほどで南回帰線にたどり着き、その後は徐々に北半球へと帰ってきます

そう、毎年繰り返される季節のサイクルの中で、僕の人生は積み重なっていきます

 

この冬は、どんな冬かな

変化を思い切り楽しみたいと思います