星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

朝霧高原の初冬

古い記憶を頼りに、朝霧高原へ星景写真を撮りに出かけました

 

天気はこれから明日にかけて下り坂

仕事中に何度もGPV天気予報の雲量を確認しながら、出かけようかどうしようか迷っていたのですが、夕方になっても事のほか雲が発生してこないので、ドライブがてら気楽な気持ちで、と新東名に滑り込みました

いつも混んでいる富士宮道路もさほど渋滞はせずに通過

途中のセブンのイートインで、軽く夕食(便利になりました)

7時前に朝霧に差し掛かったころ、気温は-1度、空は快晴

 

最初は麓っぱらキャンプ場へ行きましたが、記憶と様子がかなり変わってしまい、すぐに断念

ゴルフ場近辺を徘徊しながら、10年ほど前に富士山を撮影した場所を探しました

真っ暗闇なので、なかなか思うように見つけられず断念しかけましたが、最後に入った路地に懐かしい光景を目の当たりにしました

大迫力の富士山に、一本の立木がポイント与えています

そして空には冬の使者「プレアデス」が寒さを助長するように輝いていました

以前と変わらない光景が、やはり以前と変わらない感動を僕に引き起こしました

 

f:id:a_ichi05:20171122121732j:plain

 

 

そして冬の主役のオリオンが富士山の肩から昇ってきました

言葉で表すことは、詩人ではない僕には困難なほどの情景です

僕にとって今、この一瞬だけはパーフェクトな時間の中に、僕は存在しているんだと思いました

尽きることはなく、目の前のイメージを心に刻みこんでいます

 

f:id:a_ichi05:20171122122812j:plain

 

9時頃でしょうか

南東の空に、僕の人生でおそらく最大級の火球が舞い降りました

3度ほど爆発的な発光をし、光度は-5〜-6等くらいだったのではないでしょうか、青緑色の光でした

暗闇の中で、思わず声をあえてしまいました

 

 

この後、23時過ぎまでこの光景に見とれていました

 

われは愚人の心なるかな・・・・(老子20章より)

〜わたしは全くの馬鹿者だな〜

 

僕はこの目の前の情景を見て、まったく呆けていました

そんな時間が、僕にとってはとても大切です