星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

何んとか撮影できた M33 三角座銀河

上弦を過ぎて、月がだんだん太ってきました

月の入りは23時50分頃

今日をのがすと次の新月期まで、星空撮影はおあずけになります

日中はそこそこの天気だったので、徹夜覚悟で撮影に出かけてきました

 

現地着は6時過ぎ

なかなか期待の出来そうな晴天

今日こそは!、の思いで準備を始めます

 

f:id:a_ichi05:20170930100035j:plain

 

宵の口は、月の観望と撮影をしました

 

しかし21時過ぎ、西の空に雲が湧いてきて、アッという間に曇り空

仕方がないので、車で仮眠をして様子を見ながら月が沈むのを待ちました

 

月が沈んだ日付か変わる頃、雲の切れ間が大きく開き、何んとか撮影できそうなので、そのまま撮影を続行

月が沈むと、秋の淡い天の川がきれいに見えました

 

f:id:a_ichi05:20170930100012j:plain

撮影風景

カメラの設定をRAWにしていなかったため、色調整ができず、ちょっと残念

 

さて、今日の狙いはM33 三角座銀河とM45 プレアデス星団

 

 

M33三角座銀河

f:id:a_ichi05:20170930104533j:plain

FSQ106ED直焦点 EM200MTS3 PHD2オートガイダー 5分×22枚 ISO1600
NIKON D810A
StellaImage7にてダーク・フラット・コンポジット・レタッチ処理

 

f:id:a_ichi05:20170930101624j:plain

上の画像をトリミング

 

M33はアンドロメダ座を挟んで、M31 アンドロメダ座大銀河と肩を並べる秋の大型渦巻銀河です

途中、薄雲が何度も通過して行ったので、ダメかと思いましたが、何んとか写ってくれました

雲のせいで、ナトリウム光のかぶりがひどく、色を整えるのに難儀しました

渦巻の腕の中の赤い星雲を、もっと出したいと思っているのですが、なかなかうまくはいきません

この撮影に2時間近く費やしているうちに、本格的に曇り空になってしまい、M45は撮影できず、、、残念

 

f:id:a_ichi05:20170930102719j:plain

東の空に昇ったばかりのオリオンが雲に消えると、全天は完全な曇り空

午前3時半、もう待っていてもチャンスは無いと思い、撤収を始めました

 

今夜はかろうじてM33が撮影できたし、いつもしっくりこないオートガイダー(PHD2)の調子を少しは整えることができたので、それでもよかったです

 

さて、ビール飲んでひと眠りです