星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

秋の星座 アンドロメダ座「美貌のエチオピア王女」

アンドロメダ座 学名:Andromeda 略府:And

アンドロメダ座は秋から初冬にかけて天頂付近に昇る、比較的大きな規模の目立つ星座です
1等星は含まれませんが、α星(アルフェラッツ)、β星(ミラク)、γ星(アルマク)が2等星で、秋の四辺形が目視できれば、東角の星「アルフェラッツ」を東にたどった緩やかな弧として見つける事が出来るでしょう

トレミーの48星座の一つです
 

f:id:a_ichi05:20170911163553p:plain

ステラナビゲータ10 / Astroarts Inc,

目標は、秋の四辺形(ペガスス座の四辺形)の東角の星「アルフェラッツ」

アルフェラッツから目視できる4つの星が弧を描いて並んでいます

その他の星は3等星以下ですので、全容を確認するのは骨が折れると思います

 

星図絵だと、両手を鎖に縛られて、「怪物くじら」の生贄となっている姿として描かれています

 

 

神話 「美貌のエチオピア王女」

エチオピア(現在のアフリカ東部のエチオピアとは違うギリシア人の思い描いた国)の国王ケフェウスには、美しい妻のカシオペヤとさらに美しい王女のアンドメダがいました

王妃のカシオペヤは、娘の美貌が誇らしくいつも自慢をしていました

ある時ついに「アンドロメダの美しさは、海神ネーレウスの50人の娘たちネーレイデスですら及ばない」と言及してしまいました

これを耳にしたネーレイデスは激怒し、海神ポセイドンに頼んでエチオピアに洪水と大津波の災いを起こしてもらいました

これに慌てたケフェウスは、神々の怒りを鎮めるにはどうしたら良いか神託を求めました

かえってきた答えは

アンドロメダ姫を海の怪物への生贄にせよ」という何よりも辛いことでした

国を守るために、アンドロメダは海岸の岩に鎖でつながれ、海の怪物くじらケートスの餌食になるのを待つばかりとなりました

 

 

 

アンドロメダ座に属する天体

M31 アンドロメダ大銀河

アンドロメダ座と言えば、アンドロメダ大銀河M31、系外銀河で最も大きく明るく見える銀河です、視直径は満月の5倍の大きさとなります

空が暗い場所なら、肉眼でもその存在ははっきりと確認ができます

アンドロメダ座β星ミラク(アルフェラッツからアンドロメダ座の弧をたどって3番目の星)の少し北に位置しています(ちなみに南にはM33があります)

アンドロメダ大銀河は、我が天の川銀河と同じ局部銀河群に属する最大の銀河で、約40億年後には天の川銀河と衝突をすると考えられています

 

 

M33 さんかく座銀河

アンドロメダ座には属してはいないのですが、M31からアンドロメダ座の弧を反対側にたどったところに存在する大きな系外銀河です

天の川銀河アンドロメダ大銀河とともに、局部銀河群を構成する主要な銀河です

 

 

アンドロメダγ星アルマク

アルマクは赤と青の対比が美しい2重星です

口径5㎝の望遠鏡があれば分離して観測することができます