星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

つかの間の晴れ間 夏の天の川

今朝、今夜の予報が突然に好転し、夕方から夜半まで晴れマークが出ていたので、明日の仕事を押して、星空の撮影に出かける事を決意し、準備をしました

 

午後の3時に自宅を出発し、車で移動する事1時間少々、例によって途中で買い物をしながら、いつもの観測場所へ到着したのが午後5時前、日の入りまで1時間以上、薄明が終わるまでは3時間近くあります

 

とりあえず夕食

f:id:a_ichi05:20170820000038j:image

自宅より持参したもつ煮込みを温め、コンビニおにぎりで簡単に済ませました

 

明るいうちに準備を整えようと思い、赤道儀を組立て始めたのですが、やってしまいました!、アリミゾ(赤道儀と望遠鏡を接続するパーツ)がありません!!

f:id:a_ichi05:20170820000454j:image

全くお話にならない凡ミス

 

さて、せっかくの貴重な晴れ間を無駄にしたくはないので、どうしようか作戦を練りました

1 自宅へパーツを取りに戻り、再びここへ来る

2 自宅へパーツを取りに戻り、もっと近場で撮影する

3 ポータブル赤道儀は持っているので、広角レンズで天の川のみ撮影する

 

結局、夕食を食べながら、ビールを飲んでしまったので、しばらく運転はできないし、のんびり星空を楽しみにながら、ポータブル赤道儀で天の川の写真を撮る事にしました

  

f:id:a_ichi05:20170819235756j:plain

暮れていく夕陽を見ながら、もう一本ビールを飲んでしまいました

 

f:id:a_ichi05:20170820001248j:image

ポータブル赤道儀PM-SPを三脚に載せ、北極星が見えるまで待ちます

 

一番星は木星、そしてアルクトゥルス土星、ベガ、アンタレス、スピカ、、、次々に明るい星から見えはじめ、薄明が終わる7時半過ぎにようやく赤道儀の極軸を合わせられる星空になりました

 

その後、星空が落ち着くまで、小一時間ほど、双眼鏡で観測を楽しみ過ごします

サマーベッドに横になり、心地よい風を感じながら見上げる夏の天の川は、こんな贅沢があるのか!って、真っ暗闇の中でひとり悦に浸ってしまいました

 

さて、撮影です

本当は、さそり座からいて座にかけてのスタークラウドを撮影したかったのですが、この場所は南の空の条件があまり良くないので、夏の大三角形を狙いました

 

f:id:a_ichi05:20170819235703j:plain

夕方は結構な晴れ間だったのですが、薄明が終わってから、雲が次々とやってきます

隙を狙って露出や構図を決めながら複数枚の撮影をしましたが、残念ながら思ったようには撮れませんでした

 

10時過ぎ、全天が雲に覆われてしまったので、撤収し帰宅しました

 

今年の夏は、星空に恵まれません