星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

夏の星座 こと座 「ギリシアで最も優れた吟遊歌人オルフェウスの竪琴」

こと座 学名:Lyra(リラ) 略符:Lyr

こと座は、夏の夜空の天頂付近に流れる天の川のほとりに、ひときわ明るく輝き目を引く0等星「ベガ」を有する、夏を代表する星座のひとつです

 

星座の規模としては小型の部類ですが、夏の夜空で最も明るい恒星ベガが目印になるので、見つけるのは難しくはありません

 

星座の形としては、ベガの下側に平行四辺形が吊り下げられているイメージです

想像よりもかなり小さいと思いますので、注意深く探してみてください

 

歴史は古い星座で、トレミーの48星座のひとつです

 

神話「オルフェウスの竪琴」

太陽神アポローンは亀の甲羅に7本の弦を張って作った竪琴を持っていましたが、楽才に恵まれたオルフェウスにその竪琴を与えました

オルフェウスは9名の音楽の神ムーサイをたたえるという意味を込めて、2本の弦を追加して9本の弦を持つ竪琴にしました

 

彼が竪琴を奏でれば、動物たちも聞き惚れ、荒れ狂う海でさえ穏やかになるそうだったというほどの、ギリシアで最も優れた吟遊歌人だったそうです

オルフェウスはアルゴ号の探検隊にも加わり、行く手を阻む嵐を竪琴の音で鎮め、シチリア島近くでは美しい歌声で船員を惑わす魔物セイレーンを、オルフェウス自身の歌声でその魔力を打ち破り、仲間の命を救ったそうです

 

オルフェウスには、木の精霊エウリュディケーという美しい妻がおり、夫婦とも愛し合い幸せな生活を築いていました

ある時、妻エウリュディケーは毒蛇に噛まれて死んでしまいました

最愛の妻を亡くしたオルフェウスは、一大決心をし妻を取り戻すために、冥界へと降りて行きました

 

やがて、冥界へとたどり着いたオルフェウスは、冥界の王ハデスに妻を返してくれるように頼みこみましたが、もちろんハデスが了解する訳はありません

そこでオルフェウスは、あらん限りの声で歌い竪琴を奏でました

その美しい声に、ハデスも心を動かされ、地上に出るまではエウリュディケーはオルフェウスの後ろを歩き、決して声を出してはならない、オルフェウスは、決して振り向いてはならないと、2つの条件をだしたうえ、妻を連れて帰ることを了承しました

 

帰路についた二人は、ハデスとの約束を守って、黙って歩きましたが、出口が見えてきた時に、後ろがあまりにも静かなことに不安になったオルフェウスが、疑念に駆られて耐え切れずに振り返ってしまいました

そこには悲しげな表情のエウリュディケーが立っていましたが、瞬く間に妻の体は冥界への引き戻されてしまったのです

 

オルフェウスは、自分の愚かさを呪い、各地を彷徨った末に亡くなり、その遺体は竪琴とともにへブロス川へ 流されました

 

オルフェウスの楽才を惜しんだ大神ゼウスが、この竪琴を拾い、天に昇らせて星にしました、これがこと座の始まりの物語です

 

 

未来の北極星「ベガ」

ベガのバイエル記号は「こと座α星」、全天で5番目に明るい青白く輝く恒星です

ベガは1等星よりも1ランク明るい0等星という明るさで、全天で唯一の第1次標準星という重要な星です

全天の恒星の明るさは、ベガを基準に決まられているのです

 

ベガは、地球の歳差運動という動きのため、12,000年後には北極星の役目を果たすことがわかっています

 

 

こと座に属する天体

こと座の天体と言えば、環状星雲M57です

大型の双眼鏡で、その存在は確認できますが、リングの姿を楽しみたいのなら望遠鏡で80倍程度の倍率が必要になります

その神秘的な姿は、夏の人気者として有名です以下の記事も参考にしてください