星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

天候不良な日々

7月の新月期間は、結局天候不順で星空撮影へは行けそうにありません

今週初めの週間予報では、昨日・今日・明日は、晴れマークが出ていて期待をしていたのですが、、、

 

f:id:a_ichi05:20170728100340p:image

 

僕は静岡市に住んでいるのですが、今のところ「今年は冷夏?」って感じです

確かに日中は暑いです、特に日が出ると外回りには厳しい暑さです

でも夜になると、冷房は必要なく、扇風機で充分、明け方には肌寒く感じるほどで、とても寝苦しいとは程遠い

 

気象庁のサイトで季節予報を確認していますが、東海以南は平均気温が高い確率が50%以上、関東以北は例年並みとなっています

気象衛星の画像は、確かに静岡県あたりが前線による雲の境目で、中部地域以南は好天が続いて、酷暑となっているのかもしれません

 

天気図を見ると、素人目に「あれ?、太平洋高気圧はどこに行っちゃったの?」って思います

例年だと「梅雨明け10日」と言う言葉通り、列島の南海上には太平洋高気圧がドーンと居座り、台風や前線などとても近づけない勢いで、夏の暑さと晴天を約束してくれているのですが、今年はどうでしょう、、

すでに日本近海でいくつもの台風が発生し、規模こそ大きくはありませんが、南海上を我が物顔でうろうろと迷走しています

 

太平洋高気圧はと言うと、カムチャッカ半島の東まで退き、まったく存在感がありません

こんなところまで北上すると、昨年のようにまた北海道で、異常な雨を降らせるんじゃないんでしょうか、、、

(*僕は気象予報士ではありませんので、あくまでも戯言と聞き流してください)

 

こんな天気で、観測にも撮影にも出かけられないので、仕方がなく機材をいじりまわしてモンモンとしております

 

7月もあと数日を残すばかり、そして8月が始まります

今年は条件の悪いペルセウス座流星群ですが、せめて夏の最大の天体ショーは晴天になってほしいものだと祈っております