星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

北アメリカ星雲 NGC7000 夏の夜空を彩る赤い北アメリカ大陸

f:id:a_ichi05:20170711192731j:plain

はくちょう座の尾の部分、1等星デネブのすぐ後ろに、この北アメリカ星雲NGC7000が広がっています

その形が北アメリカ大陸に似ているということから、この通称で呼ばれています

なるほど、ユカタン半島やメキシコ湾、フロリダ半島などが特徴的ですね

メキシコ湾に見える黒く抜けている部分は、この星雲より手前に存在する暗黒星雲に遮られているために、こんな風に見えているそうです

 

少し難しい話になりますが、この赤い星雲は電離した水素から成る星間雲で、近くの恒星の紫外線を受けて発光しているそうです
星雲内部では新しい星々が誕生しているので、この領域の事を「星の揺りかご」と呼んでいます

 

結構な広がりの散光星雲で、満月のおよそ10倍ほどの大きさがあります

天の川の流れのただなかに浮かびあがっているため、写真に撮ると、「これでもか!」っていうくらいに微光星が背景に写し出されます

 

肉眼や双眼鏡で見えると説明している本もありますが、残念ながら僕は確認できたことはありません

撮影のために構図決めをするのに大変な苦労をしました

まあ、僕が未熟なのですが、、、

 

今年もそろそろ撮影好機を迎えようとしています

昨年撮ったこの写真よりも、もう少し星雲ガスの複雑な流れを写し出したいと考えています

そして、この写真では切れてしまっている、すぐ右隣にある「ペリカン星雲」も並べて入れたいなぁと

 

さて、良い写真がとれるでしょうか、、、