星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

太平洋へ沈む夕陽

ちょっと星景写真とは違いますが、、

ま、太陽も恒星ていうことで

f:id:a_ichi05:20170719085218j:image

南伊豆へ、撮影に行く時に良く寄る夕陽のスポットです

右下に見える島は、名礁「宇留井島」

 

太平洋に沈んでいく落日を、いつも感慨深く、吸い込まれるように見つめています

 

f:id:a_ichi05:20170719085639j:image

暮れなずむ空に、今夜の満天の星空を予感させられます

 

この後、奥石廊へ移動し、観測体制に入ります

 

普段は、透明度を求めて、より標高の高い場所へ行くのですが、南伊豆は、ほぼ海抜0メートルでも、とても綺麗な星空を見る事ができます

 

ただ、晴天でも風には悩まされます

一旦吹き始めると、手に負えません

天体観測は、全くの天気任せなので、遠征しても、そのおよそ半分は諦める事になります

 

下弦の月を過ぎ、そろそろ月齢表と天気図とのにらめっこが始まります