星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

富士山と星の日周運動

f:id:a_ichi05:20170716073855j:image

大きな地図で確認すると分かりますが、伊豆半島は富士山の北に位置しています

僕は、伊豆半島の星空が好きで、よく半島各地に赴きます

そのうちで、西伊豆スカイライン近辺でのカットになります

 

初めてこの情景を見た時、「これはいい」と思いました

沼津と三島の街明かりが少し邪魔ですが、撮るのなら日周運動だと、瞬間的に判断していました

富士山、北極星、そして日周運動

A3程度の紙に、大プリントすると、ちょっといい感じです

 

左下にカシオペア座、右上には北斗七星が写っています

もっと透明度の良い日に、再度トライをしてみたいと心の中で企画しています

 

ところで、日周運動の撮影は、フィルム時代と随分変わりました

フィルムの時代には、絞りを決めシャッター速度をバルブにして、ただシャッターを数十分から数時間解放にするだけでした

現在のデジタルでの撮影方は、数分のシャッター速度で日周運動にしたい時間を連写して、パソコンのソフト上で合成すると言う手順で仕上げます

これを比較明合成といいますが、僕はあまりにもシャッターに負担がかかるので、多用はしたくないと考えています

でも、目の前の星空を見た瞬間に、「これは日周運動でしょう」って情景があるんですよね

 

f:id:a_ichi05:20170716082623j:image

ちなみに、夜が明けた後はこんな感じです