星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

秋の有名銀河2点

晩夏から秋にかけて観測好機をむかえる有名な銀河を2点

 

f:id:a_ichi05:20170709190517p:image

M31アンドロメダ銀河

視直径は大変大きく、満月の5倍程の大きさで、少し良い空なら、眼視でも容易に見つける事ができます

中心部はかなり明るく、外縁部は淡く大きな広がりを持っているので、この両方を生かすように撮影する事は、かなりの技量と根気が必要になります

まだまだ未熟者の僕でさえ、この程度の写真は撮れてしまうのですが、撮れば撮るほどもっと綺麗に撮りたいと、深みにはまっていきます

今シーズン、もうちょっと良い写真が撮れたら、また投稿します

 

f:id:a_ichi05:20170709204936j:image

M33 三角座銀河

視直径は大きいのですが、淡い天体なのでアンドロメダ銀河のように眼視で見る事はほぼできません

ご覧のように写真映りはとても良いので、アンドロメダ銀河とともに撮影好対照となっています

三角座銀河は、その腕の中に赤い散光星雲か多数存在しているのですが、なかなか炙り出す事ができません

こちらも、もっとカラフルに撮ることを目標に、また今シーズン狙ってみたいと思ってます