星降る夜空を求めて

星景写真、星野写真の撮影を楽しんでいます

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Art

ついに買ってしまいました、SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Art 悩んで悩んで悩んだ挙句、手持ちのレンズを数点処分して購入を決定 価格.COMで最安ショップで注文、銀行振込で入金後、すぐ発送、本日手元に届きました、2日間の出来事でした このショップは迅速・丁…

秋の星座 アンドロメダ座「美貌のエチオピア王女」

アンドロメダ座 学名:Andromeda 略府:And アンドロメダ座は秋から初冬にかけて天頂付近に昇る、比較的大きな規模の目立つ星座です1等星は含まれませんが、α星(アルフェラッツ)、β星(ミラク)、γ星(アルマク)が2等星で、秋の四辺形が目視できれば、東…

MicrSoft ICE ちょっとテスト

先日PCにインストールしたパノラマ合成ソフト「MicroSoft ImageCompsiteEditor」を試してみました 起動すると全て英語表示なので、何んとなーく適当に進めていきましたが、特に難しいこともなくちゃんと合成が、しかも簡単に出来上がりました テストは、仕事…

歳差運動と暦の関係

皆さんは、「地球の歳差運動」というのをご存知でしょうか ちょっと難しい話しなのでかなり略して端的に説明しますと、 地球の回転軸(地軸)は地球の公転面に対して約23.5度傾いているそうで、この傾きがあることによって、地球には季節の変化が存在します …

星空検定3級

今日、通知が届きました 78点で合格でした! でも自分的にはちょっと微妙な点数です 90点、せめて80点後半は得点したかったですが、まだまだ勉強不足です 何事も日々精進ですね ちなみに、平均点は68点で合格ラインも68点でした 月末までに合格証が送付され…

秋の星座 ペガスス座「メデューサの血から生まれた天馬」

ペガスス座 学名:Pegasus 略府:Peg ペガスス座を見つけるのにはさほどの苦労は必要あありません 秋の宵の口に、東北東の空から大きな四辺形が斜めに傾いて昇ってきますこれがペガスス座の胴体部分、「秋の四辺形」です ペガスス座は時間を追うにしたがって…

ボイジャー 果てしない旅人へ想いを寄せて

ボイジャーのイメージ画 NASAより 皆さんは覚えているでしょうか、「探査機ボイジャー」を ボイジャー2号は1977年8月20日、ボイジャー1号は1977年9月5日、アメリカ航空宇宙局(NASA)によって、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地より、タイタンⅢEセントール…

星空を見あげよう 秋編

ステラナビゲータ10 / Astroarts Inc, (10/15 PM20:00 東海地方基準) 天高く馬肥ゆる秋 夏の賑やかだった天の川のスタークラウドが西に傾き、天頂で朗朗と輝いていた夏の大三角も、徐々に秋の星座へと席を譲っていきます そして夜風は涼しくなり、虫の音が…

モザイク合成

Microsoft Image Composite Editor(ICE)2.0.3をPCにインストールしてみました このアプリ、パノラマ合成用なのですが、モザイク合成にも応用できるようなので、ちょっと試してみようかな、程度の軽い気持ちです フリーウェアなんですが、なかなか使えるよう…

今年の夏を振り返って

今年の夏は天候不順に悩まされっぱなしでした 思い出すと、GW過ぎからこんなせいせいしない天気が続いているようです 特に梅雨明けからは、青空を見た日が数日しかないように思います ほぼ全ての天体現象は見られずに終わりました 少し話の方向を変えて、気…

レタッチ・現像処理の許容

先日、裏の浜で富士山の写真を撮っているおやじさんと話をしました ここは三保の松原近くなんですが、富士山を写すには確かに良いロケーションです その時の何気ない話の中で、現像ソフトは何を使ってますか?って聞いてみたのですが、そのおじさんは、1枚撮…

北アメリカ大陸横断皆既日食生画像

本日、師匠とようやく都合があい、皆既日食の写真を見せてもらいに行ってきました いや、素晴らしいですね 僕のブログに掲載する許可をもらいましたので、何はともあれ、ちょっと見てください 第3接触直後のダイヤモンドリング 皆既中に現れたプロミネンス …

久しぶりの東京

星空検定を受けるために東京へきました 去年の10月に、高中のコンサートを観に野音へ来て以来です 毎度なんですが、人の多さに閉口してしまいます、僕には都会は合いませんね 試験会場は、三鷹駅近くで、余裕があれば国立天文台へ行ってみようかとも思いまし…

星空検定

星検の試験日が迫ってきました! ちまちまと、問題集を解いたりしていますが、なにしろ出題範囲が広いので、どんな問題が出るかによって運命が別れると思います 僕は飲み込みが悪いので、数字的な事とか時系列的な事が、どーも頭に入ってこないんですよね ま…

お気に入りの観測場所

先日行ったお気に入りの観測場所です 標高は約1,000m 東から南の空は光害がありますが、西から北の空は概ね良好です 広々としていて、夜間に人の出入りはまずありませんので、自由にせいせいと観測機材を広げられます 僕は自称B級天文ファンなので、あまりメ…

皆既日食LIVE見ました

昨夜、アメリカ大陸横断皆既日食のLIVE中継を見ました 午前1時に目覚ましをセットして、仮眠をしようと思ったのですが眠れずに、結局4時前までPCの前に座りっぱなしでした まずウェザーニュースの中継は最悪でした 取って付けたような下らない解説、やめても…

天体写真撮影 今昔

天体写真におけるデジタル技術の恩恵は、計り知れないものがあると思います 中学生の頃の天文ガイドに掲載されていた天体写真や、その当時の星雲星団ガイドブック的な本をいま見返すと、え?、と思います 逆に現在は、デジタル技術の恩恵を多大に受け、一般…

天体写真撮影時の楽しみ Vol.2

昨日、撮影遠征の途中で買い出しにセブンへ寄りました 店に入った瞬間、出汁の香りに気がつき、レジの横を見ると、おでんの準備が始まっていました コレなんですよね、セブンのおでん! 毎年8月の下旬から始まりますが、「この暑いのにおでん?」って方も居…

つかの間の晴れ間 夏の天の川

今朝、今夜の予報が突然に好転し、夕方から夜半まで晴れマークが出ていたので、明日の仕事を押して、星空の撮影に出かける事を決意し、準備をしました 午後の3時に自宅を出発し、車で移動する事1時間少々、例によって途中で買い物をしながら、いつもの観測場…

北アメリカ大陸横断 皆既日食 直前

いよいよ北米大陸を横断する皆既日食が、3日後にせまってきました 残念ながらこの皆既日食は日本からは見ることはできませんが、LIVE中継がネットで配信されますので、ぜひご覧になってはいかがでしょうか 前回の2016年3月9日マレーシアで起こった皆既日食は…

星座の歴史 生い立ちと発展

僕たちが見上げている星空 無限の宇宙空間に輝く無限の星々 いつしか人は、その星をグループ分けをして、星座を形作ってきました それはどうやって作られてきたのでしょうか 実は、いま僕たちが認識している主な星座のほとんどは、紀元前には形が出来上がり…

星空宇宙天文検定3級

星検3級を8月末に受験します 出題範囲が多岐にわたるので、結構難しいです あまり興味のない小さな星座を聞かれても、あれ?って感じで、何度も反復して覚えようと努力するのですが、さすがに歳ですね 昨日、受験票が届きましたが、切手がオシャレで気が利い…

昨夜の居待月

昨夜の居待月 タカハシFS60CB フラットナー使用(374mm) 満月を過ぎて、日没後、夜のとばりが辺りを覆う頃、東の空にゆっくりと昇ってきます 東の空を覆う雲の中にまぎれながら、少しづつ少しずつ、昇ってきます 秋の訪れを告げる、まだ静かな虫の音に耳を癒…

居待月

本当に久しぶりに夜空を見上げています こんな明るい月が出ているので、星はあまり見えません でも夜風が心地よい 立秋をすぎても、まだ夏はこれからなんですが、すでに夜は虫の音が、耳に優しく届いていますでに こんな夜は、月しか撮る対象がありませんの…

久しぶりの快晴

本日は快晴 1日遅れの台風一過 月齢16、居待月(いまちづき) 久しぶりの抜けるような青空 全く、いつ以来の快晴なのか、思い返しても、思いつかないほど、ぐずった天気が続きました でも、明日からまた天気は下り坂 週末の予報も、ますます微妙になってきまし…

週末のペルセウス座流星群観測へ向けて

台風5号は7日夕方から8日朝にかけて、紀伊半島より上陸し能登半島へと抜けていきました ここ静岡は、時折、短時間に風雨が強まる程度で、特に被害もなく済みました この後、台風は日本海を北上していく予報ですが、相変わらずののろのろさで、すっきりと台風…

双眼鏡 星空散歩してみませんか?

実は僕、双眼鏡が大好きなんです 星空を観察する時、旅行へ出かける時、山歩きをする時、そして普段ちょっと見たい物を見つけた時 さり気なく双眼鏡を覗く そこには、肉眼ではとても見る事の出来ない、臨場感に溢れた視野が広がっています 特に星空です 天体…

台風5号通過後の天気

いよいよと言うか、ようやくと言うか 台風5号が九州南部にさしかかってきました(8月6日AM現在) 九州地方、四国地方の方々は、特に注意をして下さい *ひまわり8号の画像 この台風、なにしろ進行がゆっくりですので、特に雨の被害に注意をはらう必要があると…

赤道儀談義 Vol.5 EM-200のケースについて

僕はEM-200を購入して以来、ずっと元箱に入れて保管をしてきました ある日の夕刻、観測に出かけるために、機材を車に積み込みました もちろん、EM-200も箱から出して車のラゲッジスペースへ丁重に積み込み、観測へと出かけたのです 翌日の朝、帰宅して機材を…

2012年の金環食

北米での皆既日食の日が近づいてきました 僕の天文師匠も観測ツアーに参加すべく、準備を着々と進めているようです 今回の北米での皆既日食は、皆既時間こそ数分と短めですが、あらゆることで条件が整った、近代で最も大勢の人が目にすることになる日食なの…